プロフィール

HIRO

Author:HIRO
女優 多部未華子に惚れた男

Flash電光掲示板
You need to upgrade your Flash Player.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ワインと遊ぶ
訪問者数
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「HINOKIO」を考える ⑤

「HINOKIO」を考える⑤の今回は妄想劇場
「HINOKIOⅡ」第二話を御覧頂きます。

ジュンが見上げたとき屋上に消えていく人影が見えた。
「あれは・・・HINOKIOなの」
軽々とビルの壁をよじ登る姿は間違いなくHINOKIOだった。
「どうしてHINOKIOが・・・サトルに何かあったのかな」
ジュンの脳裏に三年前の出来事が思いだされた。
携帯電話をカバンから取り出すと焦る気持ちでサトルに電話をする。
「出ない・・・どうしたの早く出てよ!」
焦る想いから地団駄を踏むジュンだった。何度目か呼び出し音が留守録に切り替わるとあきらめて携帯をカバンに収めようとしたときだった。
ジュンの携帯に呼び出し音が鳴った。
「久し振りだねジュン!」
電話の声はサトルだった、その声はジュンの心配を知らずにのん気な声だった。
「馬鹿!心配させるな!」
「はぁ・・・何を怒っているの」
相変わらずの声がジュンの想いをさらに怒らせてしまった。
「HINOKIOを使って何ストーカーさせているんだ」
道を行く人が怒鳴り声をあげるセーラー服姿のジュンに思わず足を止めしまっていた。
「話が見えないんだけど・・・」
「だからHINOKIO!HINOKIOを何に使っているのか聞いているの」
電話の向こう側から大きなサトルのため息が聞こえた。
「変わってないな~」
「何が?」
「まるで男と話しているみたいだよ」
サトルに指摘されてドギマギするジュンだった・
「サ・サトルこそ女みたいじゃないか」
笑いをお押し殺した声が漏れ聞こえジュンも思わず笑ってしまった。
「HINOKIOがどうしたのジュン」
「だからHINOKIOが私の後を付けて・・・サトルじゃなかったの?」
「もう使うこともないだろうと言って父さんが去年かな、会社に持って行ってから見てないけど」
「えっ?」
ジュンは急に路地に一人いるのが怖くなって辺りを見廻した。
「とにかく父さんに聞いてみるよ」
「う・うん頼むよ」
「じゃっまたね」
「サトル!」
「えっ何」
以前からサトルに言いたかったがあったジュンだった。
「・・・ゴメン、なんでもない、ん・じゃまたね」
携帯電話を切ると大きくため息をつくジュンだった。

その日の夜、大学受験を控えて深夜まで勉強しているジュンは何気なく二階の部屋の窓から外を見たときだった。
「HINOKIO?!」
外灯に照らされて見える人影は間違いなくHINOKIOだった。
闇の中にオレンジ色に光る目でこちらを見るHINOKIOがジュンは以前とは雰囲気が違うような気がした。
「とにかく確かめないと」
玄関を出ると目前にHINOKIOが立っていた。
「HINOKIO!」
ジュンが声を掛けるとHINOKIOは背を向けてゆっくり歩き出した。
「待てよHINOKIO、どこに行くんだHINOKIO」
HINOKIOはジュンの声を無視するように歩きつづけた。
そのときジュンの携帯が鳴って出るとサトルだった。
「ジュンか!ジュンが見たのはHINOKIOじゃないんだ!」
「えっ?何」
前を歩くHINOKIOが歩みが止まり、ゆっくりと振り返る目が不気味にオレンジ色に光を発していた。
「サトル、どう言うことなのかわからないよ、目の前にいるのがHINOKIOじゃないなら一体なんなの?」
「目の前って!まさか?そこに居るのか」
目の前の暗闇の先から更に足音が近づいてくるのがわかった。
後ずさりするジュンの目に四つオレンジの光が見え、それがHINOKIOとわかったとき電話のサトルが叫んだ。
「逃げるんだジュン!」
身体を返して走り出そうとするジュンの前に空から?目前に降り立つHINOKIOが行く手を阻んだ。
「助けてサトル!」
電話に叫ぶジュンに飛び掛る三体のHINOKIOを寸前で殴り倒すHINOKIOが一体居た。
「今のうちに逃げるんだ!」
そのHINOKIOの声はサトルの声だった。
「サトル!」
(ジュンの目前に降り立ったHINOKIOはサトルが遠隔操作していた)
更にジュンを捕らえようとするHINOKIO①の腕を掴むと振り回すようにして他の二体に叩き付けるとジュンを抱えて闇の中へ走り出すHINOKIOだった。

m_photo_22.jpg
「俺のことが好きか?」

好きだ!好きだ!好きだ~!
「HINOKIO」を考える 第一部は今回で終わります。
スポンサーサイト

「HINOKIO」を考える ③

「HINOKIO」を考える④の今回は電脳街を考えます

「HINOKIO」物語中で重要な鍵tositeゲームソフト「パーガトリー/煉獄」とは?
カトリック教で説く天国と地獄との間にある場所、ここで死者の霊が天国に
入る前に、火によって浄化される場所を「煉獄」と呼ぶ。
(映画では死ぬと天国/地獄行く前に魂が宙吊り状態で審判を待つ場所)
物語の中で見るゲーム「煉獄」の世界とリンクしてしまう!?考えたら恐ろしいことなのですが、映画はあくまでもサラリと流していて深く問題にしていません。
*ここからは私の仮説です。
「パーガトリー」煉獄という意味、天国を目指すというこのゲームは、本当はあの世とこの世をつなぐ扉だという噂があったとしていますが、逆に私達のこの世界自体/自分自身がゲームの世界に存在するキャラクターにすぎないとしたら?自分で考えたつもりが誰か(神)のプログラムで人口知能があるように細かな行動は個々にリアクションプログラム、与えられた大筋のあらすじ(夢)に向かって私達は人生を生きているだけとは考えられませんか?
貴方は自分が何をしようとしていたか忘れてしまって思い出せないときはありませんか?それはプログラムエラーが発生したのです。人生がゲームの盤上を動くロールプレーンゲーム、ただしリセット再スタートはできませんが・・・


今回は妄想劇場も御覧頂きます。
「HINOKIOⅡ」

舞台はサトル(本郷奏多)ジュン(多部未華子)が高校三年生の夏。

学校帰りの市営バスから制服姿のジュンが廻りを気にするように降りてくる。
ジュンが視線を感じ始めたのは三日前からだった。
コンビニにジュースを夜中に買いにでたときには付けてくる足音まで聞いてさすがに怖くなって走って家まで帰ったくらいだった。
「私にストーカー?まさかね」
頭を振ったときだった、自販機の陰に隠れる影が見えた。
「見つけた!」
普通の女の子なら逃げてしまうところだけど先日の闇夜と違いジュンは逆に相手を確かめたい衝動が先に立ってしまった。ビル街の路地を走る足音を頼りに後を追うがすぐに見失ってしまった。
「くそっ!」
たしかに袋小路に追い詰めたはずなのに人影も何も無く悔しくて地面を蹴る。
そのときだった、頭の上で物音が聞こえた。
「えっ」
ジュンが見上げたとき屋上に消えていく人影が見えた。
「あれは・・・HINOKIOなの」
軽々とビルの壁をよじ登る姿は間違いなくHINOKIOだった。

3503924178.jpg
「ほんとうの貴方は何処にいるの?」
あの・・・ここに居るんだけど。

「HINOKIO」を考える⑤は妄想劇場「HINOKIOⅡ」第二話を御覧頂きます。

テーマ : 俳優・女優
ジャンル : 映画

「HINOKIO」を考える③+①

「HINOKIO」を考える③+①は妄想劇場を考える



映画の場合は子供向けに作製されましたが、設定は十分大人向けに耐えられる内容でした。あらためて成人を対象にして上で主人公ジュンの視点でリアル「HINOKIO」を描いたら面白い作品になると思います。
自分の妄想劇場を御覧になった方々が面白いのかどうかわからないまま明日はナンダカンダで4作目の「HINOKIOⅡ」を御覧いただきます。明日の妄想劇場「HINOKIOⅡ」はハッキリ大人を対象に考えました(子供向けが書けないだけだろ?)今の成長した多部ちゃんを頭にイメージして読んで貰えたら幸いです。

*明日の御覧頂いている頃は次のテーマを考えている最中(職場で)です。
何故かと言えば!?先週の土曜日から今週は家で寝られるのは今夜だけ・・・仕事/勤務に追われる毎日です。ブログ更新も予約が頼り昨夜のように時間になっても更新しないと職場で仕事が手につかなくなってしまって・・・(涙

個人的夢のお話です、先日は入選したことにすっかり気を良くして今度は一気に夢実現!?を目指しますよ!
「第2回ショートストーリーなごや」http://www.s-story.org/に応募します!
万が一にも入選したなら翌年には映像化されます。
ここまで書けば何を考えているのかわかりますよね?そうです誰もが夢見る原作者と主演女優「多部未華子」の関係?!ここは二階級特進の勢いで夢実現を狙います!自爆テロ並の野望!?
しかし実現する可能性のかなり低い夢/企みを語り宣言するのか!?入選しなかったらブログネタにもならないからですよん(笑
でも想像するだけでも楽しいではないですか?一人ニヤニヤできるのも発表までですけどね?
080125-013259-1920x1080i-000241_convert_20080813142136.jpg
「調子に乗りすぎ?!」
・・・・・・のってます

テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

「HINOKIO」を考える ③

「HINOKIO」を考える③の今回は
オーバーエレクトニクス社を考えます

「HINOKIO」の物語中で重要な存在としてサトルの父親・薫(中村雅俊)が勤める「オーバーエレクトニクス社」があります。「HINOKIO」を開発/製作した企業であり、すでに「HINOKIO」H-603つまりプロトタイプ(実験体)としてはT601.602.603.604モニター画面で4台を確認できます。劇中HPで公開されていることから、すでにロボット兵器としてすでに実用段階にあるようです。(武器輸出が公認されているかは不明)
人型戦闘ロボットと言えば映画「ターミネーター」で登場する「サイバーダイン社」開発/製作したT800型/101型が有名ですが、「HINOKIO」と大きく違う点は戦闘能力以外にも人口知能による自己判断でプログラムに沿って臨機応変に行動し目的を達成する為には手段を選ばずに排除することでしょう(ロボット三原則無視)更に数段優れた能力を持ち併せたそのマシーンT1000型は形状記憶擬似体合金で構成されどんな物体にも瞬時に変化できるなど「オーバーエレクトニクス社」と科学力は比較にはなりません。
「オーバーエレクトニクス社」は表向きは介護/介助尾ロボット開発を唱っているために開発が遅れてるだけかも知れません。
しかし戦場では肉弾決戦/白兵戦はまず起きないので携帯する武器が勝敗を決するので互角に戦えるでしょう。
また単純に考えても前線の兵隊の死者は激減するでしょうが市街戦等から一般市民の死者は戦闘が増えることが予想され逆に激増することが予想されます。

近未来では人間の変わりにロボットが戦争をして勝ち負けが決るまるでゲーム感覚の世界の様になるかも知れません。むしろテロ対策/平和維持活動のみ人型ロボットの使用が限定されることを祈るばかりです。

補足:現実の世界でも既に人型ではありませんが、無人偵察機等は実用段階に入っているものもあります。
m_photo_38.jpg
「兵器なんていらないよ」
ほんとです。

明日の「HINOKIO」を考える④は電脳街/妄想劇場を御覧頂きます

テーマ : 俳優・女優
ジャンル : 映画

「HINOKIO」を考える ②

「HINOKIO」を考える②ガキ大将のジュンを考えます

女優/多部未華子さんを語る時に外せない映画の一つが「HINOKIO」です。
この作品で多部さんはブルーリボン新人賞と日本映画批評家大賞 新人賞
(小森和子賞)受賞しています。

工藤ジュンは性同一障害と言うわけではないことは最後に見せるセーラー服姿でわかります。でも「この身体がキライ・・・親戚の伯母さんから汚れていると言われた」との発言は見ていて胸に来るものががあります。何故にまだ幼いジュンに対して伯母は心無い発言したのか!?
子供向けという事への配慮が大きいのでしょうがジュンの身に起きたことは児童に対する性的暴力であったことは容易に想像できます。
このことにより、ジュンは自分が女であることから逃げて生きていこうとします。
そんな傷ついた子供心をも気にもせず母は新しいお父さんを紹介します。
(なんと言う母親か?この一連の母の行動/言動が更にジュンの心に性同一障害とは違う意味で「女」の身体/自体を嫌いにしたのでしょうか?)
ジュンは父のことを嫌いと言いながらも「オヤジは天国に行けたかな・・・」と気遣います。どうして亡くなったかまではわかりませんが、ジュンは目の前での父の急死はショックだったことは想像するまでもありません。
やがてHINOKIO/サトル(本郷奏多)との出会いは同じ境遇からかすぐに御互いを理解し引き合います。心の触れあいは固く閉ざされていたサトルの心の扉を開け、ジュンの心もまた・・・そして本来の笑顔を取り戻して行きます。
最後にセーラー服姿のジュンが最高の笑顔を見せてくれます。ジュンの見せた笑顔はサトルとの交流が影響もあってのことか新しい生活が(新しい父)にも慣れ自分の身体に対するコンプレックス/違和感をも全てを消してくれた証明ではないでしょうか?ジュンの今後の展開が気になる希望に満ちたハッピーエンドな終わり方でした。(最近は後味の悪い映画が多すぎます)
PS:HINOKIOに万引きさせたのは・・・悪いことですよ!

H20・09/02rakuyouさんの貴重な御意見から一部手を加えています。
補足:「HINOKIO」は今ではドラマで中心になって活躍する男優・女優のワッショイ映画です。見方によっては「HINOKIO」はお宝映像の映画です。

本郷奏多   「正義の味方」   岡本陸役  (岩本サトル役)
多部未華子 「ヤス子とケイコ」  沖ヤス子役 (工藤ジュン役)
堀北真希   「篤姫」       和宮役    (昭島江里子役)
小林 涼子   「魔王」       咲田しおり役 (高坂スミレ役)
4042701752.jpg
「辛いことがあったら連絡しろよ!」
ホントに?
明日の「HINOKIO」を考える③はオーバーエレクトロニクス社を考えます

テーマ : 俳優・女優
ジャンル : 映画

検索フォーム
リンク
「カラーミーショップ」
テレビ壁掛けショップ本店
ファンコミュニケーションズ
楽天アフィリエイト
『CMサイト』
「新ボイスサービス」
TSUTAYA
株式会社ユメ工房
TSUTAYAonline
エヌ・ティ・ティ・イフ
古本買取通販ドットコム
infoQ
新規モニター登録
株式会社ダイヤモンド社
株式会社ピカイチ
楽天株式会社
【お名前.com】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。