FC2ブログ

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
女優 多部未華子に惚れた男

Flash電光掲示板
You need to upgrade your Flash Player.

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
ワインと遊ぶ
訪問者数
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

昨日の夕食は手作り餃子でした。Tabesha126の多部さんを意識したわけでは無いのですけど~
二人の娘に無理やり?餃子作りを手伝わせました・・・マンガを仲良く読んでいた二人は最初は渋々でしたけど作る間に御互いの個性的に?型の崩れた餃子を批評するなど笑いあり楽しく60個を包みました。それを焼いて完成!?
袋が破れて中身が飛び出したりした物もありましたけど・・・「美味しい!」
あっと言う間に完食しました。
料理に興味無しの娘達も少しは・・・まだまだ母に料理を習うようになるの先の話かも知れませんけどね?
妻が娘と「アニー」を見に行くと言ってたのも偶然で私が企んでのことでは・・・
ありませんからね?ふっふふふ・・・
3716061679.jpg
「楽しそうね」
もちろん!
スポンサーサイト



「ゴーヤーちゃんぷるー」を考える ③

「ゴーヤーちゃんぷるー」を考える③
今回は「舞台挨拶の模様」を伝えます。


公開時の舞台挨拶には、松島哲也監督、多部未華子さん他(他の方は省略させて頂きます)
多部:こんにちは、多部です。もう撮影したのが、1年半以上前のものを、今日この場で観ていただいたことは、とても恥ずかしいです。私が一番印象に残っているのは、海に潜ったシーンで私は実際もの凄く透き通った青い海とカラフルな魚を見たことが凄く凄く印象的で今でも凄く鮮明に覚えています。みなさんにその素晴らしい景色が伝わったかなあと思っています。感想を聞かせてください、本当にどうもありがとうございました。
――主人公ひろみについて、自分と共通した部分があるか、こういうところ、私と違うなっていう部分がありましたか?
 多部:そうですね、どういう作品に限らず、あまり自分と似たところとか、こうところが違うなあとか、そういうことはあんまりどんな役に対しても考えないので、今回も台本を読んで、理解したままやっただけなので、そうですね、そういうところはあんまり探さなかったですね。
――心に残っているシーン、また、撮影での面白いエピソードなんかがありましたらお話いただきたいんですけど。
 多部:えっと、そうですね、撮影中はほとんどずっと沖縄に3週間くらいでしたっけ、居てはじめて家を離れ、1人でホテル生活を送ったので、こう毎日毎日泣きながらお母さんに電話するくらいホームシックになっちゃって、でもそれでもスタッフさんとかが凄い楽しかったので、撮影中は、大丈夫だったんですけれど、やっぱりホテルに1人で戻ると、泣きながらお母さんに電話したりしてました。
――共演者のみなさま方についてはいかがでしたか?
 多部:えっとですね、ケンムン役の武田航平君が本当にお兄ちゃんのように接してくれたので、それも凄く楽しかったし、優しかったし風吹さんも本当にお母さんのように優しくしていただいたので、とても楽しかったし出会えてよかったなと思いました。
――現場での監督はいかがでしたか?正直に答えていただいて構いませんので。
 多部:そうですね、監督はいつもサングラスをかけていたので、なんだろう何を考えているのか近づいてきて、うわっ何を言われるんだろうって毎回毎回怖かったですね。はい。
――(監督に)主人公鈴木ひろみについて、また多部さんについて、いかがでしょうか?
 松島:えっと今、もうブルーリボンの新人賞獲ったり次々に映画の主役をやってますが、その頃はまだ出演作はあったとしても、主演というのは初めての位の時期だったと、いうことでオーディションでたくさんの方に逢いましたが、彼女の目力というか目の力が今回の鈴木ひろみ役に合ってると思って、自信を持って選んだので現場で僕はサングラスの奥から、しめしめと思って見てました。満足してます。
――そういう目だったそうですよ。
 多部:そう、ですね。それはよかったと思います(笑)。
――最後に主演の多部さんの方からみなさんに一言PRをよろしくお願いします。
 多部:今日は本当に来ていただいてありがとうございました。まだまだ映画やってますので、何回も何回も来てください。今日は本当にどうもありがとうございました

以上がそのときのコメントの一部ですけど多部さんらしさは今も昔も変わりませんね。
080114-015429-1920x1080i-000247s.jpg

「名無しのナナは海の中に・・・」
そうだね・・・
明日の「ゴーヤーちゃんぷるー」を考える④は「妄想劇場/家族編」を伝えます。

テーマ : 俳優・女優
ジャンル : 映画

検索フォーム
リンク
「カラーミーショップ」
テレビ壁掛けショップ本店
ファンコミュニケーションズ
楽天アフィリエイト
『CMサイト』
「新ボイスサービス」
TSUTAYA
株式会社ユメ工房
TSUTAYAonline
エヌ・ティ・ティ・イフ
古本買取通販ドットコム
infoQ
新規モニター登録
株式会社ダイヤモンド社
株式会社ピカイチ
楽天株式会社
【お名前.com】