FC2ブログ

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
女優 多部未華子に惚れた男

Flash電光掲示板
You need to upgrade your Flash Player.

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
ワインと遊ぶ
訪問者数
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

モンスターペット?

「夜のピクニック」の原作本を入手

今ごろですけど原作本を手に入れましたので早速にも読みはじめます。
すでに妄想劇場「夜のピクニック/大晦日の夜」は書き終えてしまっているので・・・
いずれ原作本/恩田陸を参考に妄想劇を書き直すか新たなエピソードでチャレンジするつもりです。

来週のテーマを「山田たろう物語」に決まり妄想劇場の設定を考えねばと、
今日は朝に帰宅して夕方には出勤で時間が無いのに・・・ここ最近PCの動きが悪い!?電源入れても立ち上げるだけでエラー!?最悪です(涙
我が家のPCは古いMEですから仕方ないのかも知れませんがブルーレイを買ったばかりでPC購入は無理かな?と思ったら!意外にもOKが出たんですよ
(不思議)PCの不具合に悪戦苦闘している私に妻は同情したのかな?

あっぽ君とは偉い違いとなってしまった、我が家の非常食の元ヒヨコは更に大きくなってしまいした。
相変わらず餌をやるときは注意しないと噛まれます!先日も油断していたら突付かれました(泣
今日はカゴが汚れたので掃除したので、いつもと違う場所に置いていたら・・・
お隣に住むオジサンが塀越しに「ニワトリはどうしたの?食べたの!」と心配して聞いてくるではありませんか?!冗談でクリスマスまでに玉子を生まなかったら食べると言ったのを本気にしてしまったようで・・・
問題なのは!このオジサンは近所でも有名なおしゃべりな人で万一にもニワトリに死なれたら・・・
近所でペットを食べたと噂を流さないか心配な今日この頃です。
1070881945.jpg
「食べるの?」
まさかね・・・

朝ドラ「つばさ」放映開始まで、あと201日です。
スポンサーサイト



テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

「夜のピクニック」を考える ③

「夜のピクニック」を考える③は二人のその後をテーマに考えます。

歩行祭の夏が終わると卒業までに半年もありません。二人は進学と就職のどちらを選ぶのでしょうか?(原作には描かれているのかな?)多分、進学を誰もが皆考えるでしょうね?
甲田貴子と西脇融は今までを取り戻す想いでお互いを知ろうとするでしょう、そんな二人を見た人が勘違いするほどに?勘違いでなくなったら・・・
兄妹のつもりが禁断の愛に発展!?まるで昼メロのドロドロした展開もありか?「夜のピクニック」のイメージから考えられない展開ですけどね」。
もっとも多部さんにもこんな役の依頼が来ているのでしょうか?いつか演じるときが来るのでしょうか?清純派だった女優が大人の女優に脱皮とかの名目で魔性の女を演じることがありますが、正直に言えば苦しい選択をするより断り続けて今のままでいて欲しいですね。そこまで女優をする必要はないでしょう。

妄想劇場「夜のピクニック/大晦日の夜に」第二回も
御覧頂きます。



母は濡れた手をタオルで拭きながら現れた。
「おかえり貴子、何かいいことでもあったの?」
「えっ・・・どうして」
「勘かな、何か嬉しそうな顔しているから」
「そ・そうかな」
本妻が転倒している姿を想像していたのも見透かされそうな母の目が私を見つめていた
「それより西脇さんと擦れ違ったけどお母さんに何か用だったの」
母の顔が曇るのがわかったとき、私のことだとすぐにわかった。
「融くんに会っているんだってね」
やはりと思った、いつも心のどこかでこの日が来ることはわかっていた。
「別に隠していたわけじゃなかったけど・・・」
「言いにくかったのよね貴子は」
悲しそうな表情を浮かべる母を見るのは何より辛いこと。
「ごめんなさい」
「だから何を謝るの貴子」
「えつ・・・」
「貴子は何を気にしているの、貴子もお母さんがしたことを恥じているの」
「お母さん」
「西脇さんは貴方に、もう融くんに会って欲しくないと言いに来たのよ」
正直、驚かなかった言われることは以前から私は予想していたことだったから。
「それだけじゃないの、変な噂でも出たらなんて心配して・・・おかしわよね」
「お母さん」
「貴子、母さんは後悔してないし父さんを愛したことを恥じてもいない」
母の私を握る手に力が入り痛いほどだった。
「でもね西脇さんの気持ちは痛いほどわかるの、だから黙って聞いてあげた」
「お母さん・・・」
「だから貴子は何も気にしなくていいの」
急に穏やかな表情になった母から予想もしない言葉に耳を疑った。
「貴子と融くんには関係ないことなんだから、この世に二人としていない融くんは貴子にとっては兄さんだからね」
母の融が兄さんだからと言う言葉の意味は自分でも十分理解してるから。
「ありがとう母さん、何も心配しないで」
「そうそう、あと一つ内緒にしていることがあるでしょ貴子」
「えっ・・・」
母はまるで悪戯をした子供を怒るように笑みを浮かべながら顔を近づけて来た。
「初詣は誰と行くのかな?」
「それは・・・」
私の返事を聞く前に母はリビングの方にサッサと行ってしまった。
「もう!」
慌てて母を追うようにリビングに行くと母は口に残りもののお菓子を口に運びながら驚くことを平然と口にした。
「それとね融くんは貴子と同じ侘邊大学を受けるそうよ、向こうのお母さんは怒っていたわよ~」
「えっえええ!?」
聞いてないよ、そんな話は!
母さんに詰め寄ったそのときチャイムが来客を告げた。
モニターに映る人影を見て私は目を疑った。
西脇融、わたしの兄がそこに映っていたのだ。
323801view016_convert_20080904154242.jpg
「ちっぽけな賭け・・・か?」
賭けには勝ったんだよ。

*妄想劇場「夜のピクニックその後」第三回を御覧頂きます。

朝ドラ「つばさ」放映開始まで、あと201日です。

テーマ : 俳優・女優
ジャンル : 映画

検索フォーム
リンク
「カラーミーショップ」
テレビ壁掛けショップ本店
ファンコミュニケーションズ
楽天アフィリエイト
『CMサイト』
「新ボイスサービス」
TSUTAYA
株式会社ユメ工房
TSUTAYAonline
エヌ・ティ・ティ・イフ
古本買取通販ドットコム
infoQ
新規モニター登録
株式会社ダイヤモンド社
株式会社ピカイチ
楽天株式会社
【お名前.com】