FC2ブログ

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
女優 多部未華子に惚れた男

Flash電光掲示板
You need to upgrade your Flash Player.

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ワインと遊ぶ
訪問者数
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

オマケ写真更新!

オマケ写真更新!

髪をUPしてのショートカット姿の多部さんもいいですね~
いつもならVサインに笑顔なのですけど、連日のスケジュールにお疲れの様子
仕事と違って、その時の自然/素な表情がオマケ写真の良いところですけど?
頑張るのは良いけど我慢して無理はして欲しくないですね。

tabe_add_45_convert_20090327114931.jpg
大丈夫だよ♪」


*『つばさ』放映開始直前企画妄想小説特集もあと一作品す。
『その5分後・・・』①表の章② 裏の章の二作品。
③『鹿男あをによし』勝手な続編
④『ルート225』` (ダッシュ)
⑤『HINOKIOⅡ』
読んで頂いた方には感謝です!残す作品は御存じ多部さんのデビュー曲!?
⑥『GOOD BYE MY SCHOOL DAYS』CD曲をイメージにした妄想小説です。
これで「つばさ」放映開始前に私にとっては一区切りがつきます。
つたない文章に耐えての御付き合いありがとうございました。

朝ドラ「つばさ」放映開始まで、あと3日です。
スポンサーサイト



テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

妄想小説『HINOKIOⅡ』 第五話

⑤妄想小説『HINOKIOⅡ』 第五話 実際の映画とは関係ありません

二人が連れてこられたのは三本の煙突が威容を放つ「オーバーエレクトニクス」本社工場だった。そこで目にしたのは大量生産されるH-605量産タイプの「HINOKIO」だった。ラインオフと同時に立ち上がり歩き出す全身黒塗りのボディは威圧感さえあった。
「サトル巻き込んで御免」
「違うよ、巻き込んだは僕の方だよ」
「黙って歩け!」
サトルを後ろから突き飛ばすように長身の男が怒鳴った。
二人が案内されたのは工場の最上階の制御ルームだった。

「ようこそ岩本サトル君、それに・・・君が工藤ジュン君ですか」
「あなたは・・・」
「オーバーエレクトニクス社の山林、ジュン君の父上からは何も聞いていないようですね」
サトルの父が勤める会社が幼い頃に早く亡くなったジュンの父親のつながりがあったことに二人は驚きを隠せなかった。
「私達に何のようですか」
「この計画当初にはジュン君の父上も志半ばで倒れましたが参加していました」
「お父さんが・・・」
母からも聞いていないことに直ぐには信じられなかった。
「それじゃ、この扱いは何!」
「わかりませんか、ジュン君、貴方の存在自体が今後の計画に障害なのです」
a-mikako-best-24-mikako-2007-01_convert_20081201085303.jpg

続きを読む

テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

読売新聞 「yorimo」

読売新聞 「yorimo」

10109826009 - コピー (2)
アイドル 篇(2006年6月 - 8月)
マリモ? 篇、アイドル 篇(2006年12月 - 2007年3月)

読売新聞の伝説のCMソング「その気FALL IN LOVE」はCD化はされて
いませんが、現在はネット配信されておりダウンロード可能です。
待望の多部さんの歌手デビュー曲の『GOOD BYE MY SCHOOL DAYS 』と
一緒にCD化して欲しかったですね。

テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

妄想劇場「HINOKIOⅡ」第四話

④妄想小説『HINOKIOⅡ』第四話 実際の映画とは関係ありません

「HINOKIOは未来から・・・」
「ゲームソフト「パーガトリー/煉獄」を知っているね」
「えっ!?はい」
「実はあのゲームは父さんの会社が開発したソフトなんだよ」
サトルの父が話すことはサトル自身初めて聞かされることだった。
「あれには一度、幻覚・妄想などの症状が出てしまうと、その後は心理的な
ストレスが契機となって、精神病の症状が容易に再燃するようにフラッシュバック効果が画面に刷り込まれていてね」
「まるで覚せい剤・・・」
思わずジュンが口にした一言にドキッとするサトルだった。
04e2991e7227fae8_convert_20081221080724.jpg

続きを読む

ユニクロ

ユニクロ

u=3469839798,1827370277gp=0
クリスマスギフト(2007年)

彼とお揃いを嬉しそうに購入してクリスマスの夜の街を走る多部さんの姿も最高
息を切らしてプレゼントを渡されたら思わず抱きしめたくなりませんか?

テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

妄想劇『HINOKIOⅡ』 第三話

③妄想小説『HINOKIOⅡ』 第三話 実際の映画とは関係ありません

ジュンを抱えたまま、夜の街を走り続けてやっとHINOKIOが止まったのは
サトルの家の前だった
家の前でサトルが玄関を開けて待っていてくれた。
「ジュン大丈夫だった?怪我はしてない」
「・・・・・」
「どうしたの?どこか・・・怪我を」
ジュンはサトルに黙ったまま抱きつくと耐えていた涙が溢れ出した。
一瞬驚いたサトルだがジュンの長く延びた髪を優しく撫でるのだった。
リビングでソファーに座り豪華な家具を見廻しているジュンに紅茶を出すサトル。
「少しは落ち着いた?」
「えっ・・・ええ」
少しはにかむジュンに微笑むサトル。
「何よ!」
「別に、でもジュンも変わったね」
「何が!?」
「だって泣きだしたりして、すっかり女の子に・・・」
睨みつけるジュンに気が付いて咳払いをして視線を外すサトルだった。
「サトル、どう言うことか説明してくれ」
「その説明は僕からしようか」
ふいに声がして振り返るとサトルの父が立っていた。
10100023842_s.jpg

続きを読む

テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

カルビー

カルビー

u=156993958,1937040154gp=0
「夏ポテト」 シャボン玉 篇(2006年6月 - 9月)

多部さんの浴衣姿ばかりに目が行ってしまいます♪
今年の夏にまた多部さんを起用してくれないでしょうかね?
カルビーさんお願いしますよ♪

テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

妄想劇『HINOKIOⅡ』 第二話

②妄想小説『HINOKIOⅡ』 第二話

「どうしてHINOKIOが・・・サトルに何かあったのかな」
ジュンの脳裏に三年前の出来事が思いだされた。
携帯電話をカバンから取り出すと焦る気持ちでサトルに電話をすると。
「久し振りだねジュン!」
電話の声はサトルだった、その声はジュンの心配を知らずにのん気な声だった。
「何を言ってるのHINOKIOを使ってストーカーさせてるくせに!」
道を行く人が怒鳴り声をあげるセーラー服姿のジュンに思わず足を止めていた。
「話が見えないんだけど・・・」
「も~だからHINOKIO!HINOKIOを何に使っているのか聞いているの」
電話の向こう側から大きなサトルのため息が聞こえた。
「変わってないな~」
「何が?」
「まるで男と話しているみたいだよ」
サトルに指摘されてドギマギするジュンだった・
「サ・サトルこそ女みたいじゃないか」
笑いをお押し殺した声が漏れ聞こえジュンも思わず笑ってしまった。
「HINOKIOがどうかしたのジュン」
「だからHINOKIOが私をストーカーしてるの・・・あれはサトルじゃなかったの?」
「僕はもう自分で学校に行けるからHINOKIOは動かしていないよ」
「えっ?そうなの」
ジュンは急に路地に一人いるのが怖くなって辺りを見廻した。
「とにかく父さんに聞いてみるよ」
「う・うん頼むよ」
「じゃっまたね」
「サトル!」
「えっ何」
「あの・・・ゴメン、なんでもない、じゃまたね」
携帯電話を切ると大きくため息をつくジュンだった。
2007-05-29-2_convert_20081221080820.jpg

続きを読む

テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

ケンタッキーフライドチキン

ケンタッキーフライドチキン

news080910kfc01n.jpg
ゆず絶景 篇(2008年9月)
みんなで囲むバーレル篇(2008年12月)

ほんとに美味しそうにFCHを食べる姿に売り上げも倍増したのでは?
新年早々に多部さんの着物姿が見られたことも嬉しいCMでした。

大食いする姿より、やはり食べ物は美しく味を吟味して美味しそうに食べないと
ケンタッキー様!また多部さんを起用してくれることを信じてますよ!

朝ドラ「つばさ」放映開始まで、あと23日です。

テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

妄想劇「HINOKIOⅡ」 第一話

①妄想小説『HINOKIOⅡ』第一話

舞台はサトル(本郷奏多)ジュン(多部未華子)が高校三年生の夏。
学校帰りの市営バスから制服姿のジュンが廻りを気にするように降りてくる。
ジュンが何かの視線を感じ始めたのは三日前からだった。
コンビニにジュースを夜中に買いにでたときには付けてくる足音まで聞いて
さすがに怖くなって走って家まで帰ったくらいだった。
「私にストーカー?まさかね」
頭を振ったときだった、自販機の陰に何かが隠れるのが見えた。
「見つけた!」
普通の女の子なら逃げてしまうところだけど先日の闇夜と違いジュンは逆に相手を確かめたい衝動が先に立ってしまった。ビル街の路地を走る足音を頼りに後を追うがすぐに見失ってしまった。
「くそっ!」
たしかに袋小路に追い詰めたはずなのに人影も何も無く悔しくて地面を蹴る。
そのときだった、頭の上で物音が聞こえた。
「えっ」
ジュンが見上げたとき屋上に消えていく人影が見えた。
「「あれは・・・HINOKIO!?」
軽々とビルの壁をよじ登る姿は間違いなくHINOKIOだった。
m_photo_22.jpg
*つづきは60分後!CM①あとで♪

朝ドラ「つばさ」放映開始まで、あと3日です。

テーマ : ブログや日記
ジャンル : ブログ

検索フォーム
リンク
「カラーミーショップ」
テレビ壁掛けショップ本店
ファンコミュニケーションズ
楽天アフィリエイト
『CMサイト』
「新ボイスサービス」
TSUTAYA
株式会社ユメ工房
TSUTAYAonline
エヌ・ティ・ティ・イフ
古本買取通販ドットコム
infoQ
新規モニター登録
株式会社ダイヤモンド社
株式会社ピカイチ
楽天株式会社
【お名前.com】