FC2ブログ

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
女優 多部未華子に惚れた男

Flash電光掲示板
You need to upgrade your Flash Player.

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
ワインと遊ぶ
訪問者数
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

幸せでした・・・『つばさ』

幸せでした・・・『つばさ』 かなしい秘密

竹雄は家族に真実を語ります、幼い時から親せきの家を転々とし自分の居場所
も無かったこと・・・それが任侠の道に入った理由ですか?私の心には何故か~
響きませんでした、竹雄にそのつもりが無くても同情してくれとでも言うように
受け取れる台詞は嫌いです。ホントは心優しいのに、世間/環境が悪いから、
闇の社会に堕ち行ったと?そんな言い訳じみたことは言わないで、普通に
過去にヤクザをしてました、では駄目なのでしょうか?
それと、やっとわかりました『鉄砲弾』にこだわる意味が、竹雄が断って逃げ出し
残された谷村が鉄砲弾になったかも知れない、過去の十字架。26年間家族に
隠し、視聴者に隠した24週間は、ちょっと説明までが長すぎですよ、ダボさん!

千代に嘘をついていたことを詫びましたが、千代は全てお見通し?竹雄の過去
を承知の助でした。知らなかったのは、子供たちだけ!?
「先代との約束、過去を捨て生まれ変わって、新しく生きようとしたけど、いつか
幸せが壊れるのではと怖かった・・・御世話になりました」
過去は捨てきれ
なかったけど、生まれ変わったように性格だけは、加乃子以上に変わったね。

「先代がきめたこと、間違ってはいないことを、26年間掛けて証明した」と語り、
更には胸を張って、竹雄は甘玉堂の誇りとまで褒め契りました。また加乃子に
いずれは甘玉堂を任せるとまで言うとは・・・御主も悪じゃのう?越後屋千代殿。
すっかり加乃子も千代の術中にはまり「母さんを誤解してた、甘玉堂の暖簾を
守るだけの分からずや」と流石です!これで甘玉堂は未来永劫安泰か!?
なんて?へそ曲がりに思ったりもすると面白い。


雨降って地固まり、家族の絆は深まりました。しかし、この雨で他では地崩れが
始まりました。翌日、きのうの事件にまつわる悪い噂が町に広まって……。
『ラジオぽてと』『甘玉堂』に恨みを持った包丁男が暴れた!?
娘の職場と甘玉堂に、今までにない最大の危機/被害を作ってしまいました。
また駄目だしには、宇津木が「あんな怖い顔は、見たくなかった」これを聞いたら
やはり甘玉堂に居ては、いけない人間だったと思うしかありません。

一筆啓上『幸せでした』

このピンチにヒロインつばさが、次週は立ち上がります!
今週は脇役的存在でしたから、しっかり活躍を期待しています!
そして笑顔を魅せてください!!

今日の拘りの連呼キーワードは?『26年』です!
『宇津木が見て来た26年』『千代に証明した26年』、二人共が間違いもせず、
よく覚えてくれてました!偉いぞ!私は結婚して何年目だろうか?あれれ?!
20090805s.jpg

人は今日のことでは苦悩しない。昨日起きたことへの後悔、
それに明日起こるかもしれないことへの恐れ、それでくよくよする。

                 by  ロバート・ジョーンズ・ブルデット
スポンサーサイト



テーマ : ブログや日記
ジャンル : ブログ

『つばさ』始末記

『つばさ』始末記!
ドラマとして良くも悪くも『つばさ』はクランクアップ、撮影は全て終えました。
これで、どんな批判、苦情があっても!100%ドラマの展開は変わりません。

後藤さんは「若者向けに舵を切ったつもりは全くない」と話していますが、私は
今までに無い朝ドラを目指した、冒険的な演出は若い世代の視聴者の取り
込みを狙ったとしか思えません?ここで読み違えたのは往年の朝ドラを見続け
ている、視聴者の存在です。時計代わりに朝ドラを見ていると、タカをくくった!?
しかしオールドファンの理解を超えたハチャメチャ演出に対して、視聴者の厳しい
反発はすぐに視聴率に現れてしまいました。NHKの視聴者対応報告によると、
4月に寄せられた反響は1340件。このうち、批判が735件を占め、好評意見の
118件を大きく上回った。放送開始4週間での比較では、前作「だんだん」に
比べ、批判が3倍以上も多かった。朝ドラ「つばさ」が苦戦や「ドタバタ劇」に相次
ぐ批判の中には、若い世代では、「一見騒がしそうに見えて、でもホロリとさせら
れる。良さがわかる人もたくさんいると思う」(30代女性)
といった好意的な意見も
同情的です。これにはスタッフ・役者方々の目には、辛いもの・・・

「ドタバタを描くことが主眼ではない」と強調。「親子の確執や夫婦の冷えた関係
など、家族をめぐる問題はきれいごとでは済まされない。きちんと人間を描こうと
する姿勢は間違っていないと思う」とも訴えた『つばさ』は、放送前のコメントには
「人間の心の傷や痛みを描く」
のが、企画段階からあった「つばさ」の基本方針。
「20歳のおかん」「家出した母」「頼りない父」「情緒不安定な弟」といった設定は
生かされないまま、常識の無いドラマに終始しました。どうしてなのかな?普通に
この設定なら十分新鮮で中身のあるドラマが、期待出来たのに、あのサンバが
残念でした。それでも見慣れて来ると、中には面白い週もあり脚本/演出にバラ
つきもありました。そして収録中にもかかわらず、7人もの大人数でラストに向け
「向き合わねばならぬ問題」の打合せの結果、シリアス路線に転換でした。
それも極端に暗い話になってしまいました。でも打開策が功を奏してなのか?
タイミングが盆休みの新しい視聴者を巻き込んだのか、久し振りの15%復帰。
このまま一気に、視聴率朝ドラ最低の冠だけは、逃れて欲しい!頑張れ!!
 20090814-303597-1-N.jpg
スタッフ方々も、お疲れ様でした!

本当に自信のある人間は泰然として、人が彼をどのように評価するか、
などということにはあまり気をとられないものである。

                             by  ヴォーヴナルグ

テーマ : ブログや日記
ジャンル : ブログ

検索フォーム
リンク
「カラーミーショップ」
テレビ壁掛けショップ本店
ファンコミュニケーションズ
楽天アフィリエイト
『CMサイト』
「新ボイスサービス」
TSUTAYA
株式会社ユメ工房
TSUTAYAonline
エヌ・ティ・ティ・イフ
古本買取通販ドットコム
infoQ
新規モニター登録
株式会社ダイヤモンド社
株式会社ピカイチ
楽天株式会社
【お名前.com】