FC2ブログ

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
女優 多部未華子に惚れた男

Flash電光掲示板
You need to upgrade your Flash Player.

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
ワインと遊ぶ
訪問者数
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『映画って面白い』 

『映画って面白い』  ネタバレあります。
劇場版 『機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
またガンダム?なんて言わないでくださいよ。(^_^)/

日本の世界に誇れるなかにアニメもあるのですから、そして漫画にアニメと次々に実写化を
されるなかでも期待されるのが、ガンダムなのです!!(過去に一度実写化もありましたけど?)

作品には多くの女戦士が登場します、その中に多部さんは必要不可欠なのです!

ガンダムの中で描かれる戦争も、作品も時代の流れなのか国家間戦争からテロリストならぬ
ELS異星生命体との戦いが描かれています。

その戦いもELSの圧倒的な破壊力に劣勢に立たされたとき、勝機はあるのか!?と問われ
「無い、でも希望はある」もう~たまらない台詞が随所にあります。

その行為は偽善だ!と言われて「それでも善だ!」そうなのです、たとえ政治家等々が偽善行為
を行っても、その行為で救われた当事者を思えば!?それで良いのでないかと、なるほどです。

そして結末は・・・難しくて?理解できなかったので少し残念な幕切れですが、テーマは無益な
戦いはなまじ賢い知恵があるから、些細な事で誤解を生み紛争が戦いが生まれる、互いに分かり
逢えば、理解しあうことできたら紛争は無くせると作品は訴えている。

この作品と一緒に借りた『GEMER』はテーマも何も無い、心にも残らない作品でした。
アニメって、ほんとに面白いですね♪

批評家が作家を侮辱する。人々はそれを批評という。
作家が批評家を侮辱する。人々はそれは侮辱だという。

                     byモンテルラン

スポンサーサイト

コメント

Secret

検索フォーム
リンク
「カラーミーショップ」
テレビ壁掛けショップ本店
ファンコミュニケーションズ
楽天アフィリエイト
『CMサイト』
「新ボイスサービス」
TSUTAYA
株式会社ユメ工房
TSUTAYAonline
エヌ・ティ・ティ・イフ
古本買取通販ドットコム
infoQ
新規モニター登録
株式会社ダイヤモンド社
株式会社ピカイチ
楽天株式会社
【お名前.com】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。