プロフィール

HIRO

Author:HIRO
女優 多部未華子に惚れた男

Flash電光掲示板
You need to upgrade your Flash Player.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ワインと遊ぶ
訪問者数
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⑧ タマカンさんの章


『Doppelgänger TABE 8 』


『タマカンさんの章』

公園には幸か不幸か他に人の姿は無かった。駆けつけた救急隊にyamarine氏
を託すと落陽刑事の言うままに、私も東京に向かった。
車中でタマカン氏に連絡して、他のブロガーに連絡を取って貰った。

私の話を一様に、半信半疑だったが仲間が昏睡病に次々に倒れていることには
不安を抱いていた。しかし理解できないのが、ブロガーの中には、次は自分が、
多部モドキに襲われるかも知れない恐怖心よりも、別人でも多部さんに会える
好奇心・喜びの方が上回って楽しみにしたように思えるブロガーいることだった。
私が運転する車の助手席に座る落陽刑事は、何処か落ち着き無かった。
そんな落陽刑事は掴んでいる情報を、全て私に教えてくれたのだろうか?
不信感が東京に近づくにつれて、私の中に波紋の様に広がって行った。
「さっきから時計を気にしていますけど、誰かと約束でもあるのですか」
「いや・・・次のサービスエリアで一度車を停めて休憩しませんか」
「そうですね、考えたら先を急ぐ余り一度も休憩もしてまいせんでしたね」
落陽刑事は私の言葉にホッとした表情を見せた。
車を停めると、一目散にトイレに向けて走り出す落陽刑事の、後姿に思わず
笑ってしまうのだった。
「我慢していたのか、今のうちにタマカンさんに到着予定でも連絡するか」
タマカン氏の携帯は話中で繋がらなかった。仕方無くメールで要件を送った。
すると間を置かずにタマカン氏からの携帯に電話があった。
「真面目に話を聞かないで悪かった、今なら多部モドキの存在を信じるよ」
「多部モドキ?!いきなり、どうしたんだ、タマカンさん」
息の乱れたタマカン氏の声が、電話を通して私にも緊迫感が伝わった。
「見たんだよ、俺も」
「多部さんが出たのか!?」
「ああ・・・鬼ごっこの最中だよ」
「ふざけている場合か!電話なんかしてないで、早く逃げるんだ!」
「あっ、見つかっちまった!またな」
「タマカン!」
ふいに電話が切れると、そのあとは何度電話しても誰も出ることは無かった。

つづく・・・・
20070514_306333_convert_20090605130640.jpg
『Doppelgänger TABE 9 』は60分後


スポンサーサイト

テーマ : ブログや日記
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

検索フォーム
リンク
「カラーミーショップ」
テレビ壁掛けショップ本店
ファンコミュニケーションズ
楽天アフィリエイト
『CMサイト』
「新ボイスサービス」
TSUTAYA
株式会社ユメ工房
TSUTAYAonline
エヌ・ティ・ティ・イフ
古本買取通販ドットコム
infoQ
新規モニター登録
株式会社ダイヤモンド社
株式会社ピカイチ
楽天株式会社
【お名前.com】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。