プロフィール

HIRO

Author:HIRO
女優 多部未華子に惚れた男

Flash電光掲示板
You need to upgrade your Flash Player.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ワインと遊ぶ
訪問者数
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タブロイド妄想 ゆらぎ新聞

 タブロイド妄想 ゆらぎ新聞 かなしい秘密 
玉木竹雄、浮気お泊りデートの朝帰り?  
和菓子屋『甘玉堂』の職人頭、竹雄の人生「加乃子命」に陰り!?。

翌日のコミュニティ放送局「ラジオぽてと」での市民パーソナルティー1号による
放送で早朝の小料理屋「こえど」の推定Gカップの女将 A子に見送られる
竹雄の姿が目撃されたことが。明らかにされた。
ただ、この市民パーソナルティーは『御町内の歩くスピーカー』の別名を持つ
女性で、2人が接触している現場写真はなく、実際に不倫が行われていたか
どうかは不明だ。本人は今回の報道を受けて「酔い潰れて道で寝てしまった」
語った。しかし着衣に汚れは無く家族は、疑惑の目を向けている。
また不倫疑惑とは別に、同ラジオに出演したときに、過去について取り乱した点
を追求されると激高するなど、普段は見られない夫の姿を見せられた妻・加乃子
はショックを受けた様子だった。

また、報じられたこの女性は川越にやってきたばかりだが、町内のマドンナ的
な存在で今回の噂に動揺を隠せない常連客も出ています。
ただA子自身にも人には言えない過去があることも確かのようだ。
しかし今回の家族からの信頼を裏切る行為を信じられない竹雄の娘・つばさは、
『こえど』を訪れて、改めて今回の軽率な行動を?詰問した後「父のことを宜しく
お願いします」
とA子に対して、つばさ自身も心底信頼している存在は変わらず
今後も父との関係を続けていく事を容認するようなコメントを残した。

翌日の竹雄は配達先で過去に危ない橋を渡っていたことを知る人物を見かけ、
『こえど』に再び逃げ込むようにして、A子に癒しを求める。この事実は竹雄の
友人の口から『こえど』臨時休業を知らされた娘・つばさによって真実が明白に
されるのは必至!更に、それだけではなく、父の過去に隠された秘密までが
暴かれてしまうのだろうか?今後、家族は悲しい結末を見るのか!乞うご期待!
u=3563323390,3620564813gp=0
貴方は、家に居ずらくないですか?」
たまに・・・

多くの女性を愛した人間よりも、たった一人の女性だけを愛した人間のほうが、
はるかに深く女というものを知っている。

                                  by  トルストイ

スポンサーサイト

テーマ : ブログや日記
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

知秋の台詞が 一番 違和感を感じてます。
父の浮気を喜ぶ息子に感じるんですけど。
演技には問題ありません 冨浦くんも熱演
してるし。 でも あそこまで浮気賛成みたいな
台詞は ちょっとねえ。

さっぽ君 様

>台詞は ちょっとねえ。
たしかに そうですね。

息子の立場で発言しますね。
モテない親父よりも、カッコよくてモテる親父の方がうれしいです。
浮気は賛成しませんよ、断固反対です。
でも、ちょっと茶化すような発言は、結構しますから、我が家でも。

ほぼ初めての肯定意見(笑

竹男様

>息子の立場で発言しますね。
父親の立場から発言しますね。
娘は父の過去に興味深々で過去をよく聞かれますよ(笑
竹男さんは何処から浮気になると思いますか?
職場の女の子と、休日に逢うことは?勿論!誤解されると困るので、誘われても
二人だけでは絶対に逢いませんけどね。映画が好きな女性が居るので・・・

検索フォーム
リンク
「カラーミーショップ」
テレビ壁掛けショップ本店
ファンコミュニケーションズ
楽天アフィリエイト
『CMサイト』
「新ボイスサービス」
TSUTAYA
株式会社ユメ工房
TSUTAYAonline
エヌ・ティ・ティ・イフ
古本買取通販ドットコム
infoQ
新規モニター登録
株式会社ダイヤモンド社
株式会社ピカイチ
楽天株式会社
【お名前.com】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。